​記事一覧

勉強する人のノートの取り方

こんにちはOne Bridge アカデミーです。 1月も終わり、もうすぐ学年が変わる時期です。 「これからは本腰を入れて勉強だ!」という方はお気軽にご相談下さい。 さて今日はノートの使い方について述べたいと思います。 よく生徒のノートを見ると、キレイにまとめられた色とりどりのノートを目にします。 おそらく学校の授業中に先生の書いた板書を丁寧に写したのだと思いますが、そういったノートを見るたびにもったいないなと思います。 ノートはキレイさよりも、何に使うかの方が大事です。 「後でノートを見返したときに分かるように」 「ノート提出があるから」 「単純に汚いのが嫌だから」 生徒に聞くと大体こんな反応が返ってきます。 ですが実際にノートを見返して勉強することがあるかというと、そんなことは滅多にありません。 ほとんどの子は、学校で配布された問題集やプリント、参考書を使って勉強します。 学校の板書をもう一度見てもテストの点数にはならないし、見ても分からないと思っているからです。 学校のノートが重要になるのは多くの場合、国語の定期試験ぐらいでしょう。 そもそも学校の授業で扱うような内容は、教科書や問題集に詳しく解説が書かれているので、そっちを見れば事足ります。 わざわざ自分で書いて写経する必要はありません。 解説などが書かれていない問題集やプリントを使っている場合は、まずは解説が丁寧に書かれている参考書等を手に取ることを勧めます。 誤解を生まないよう丁寧に言うと、 「授業中の先生の話を無視してまで板書に必死になるのは意味がない」 ということです。 結局、板書をキレイに写してノートをつくるのは

今年も大宰府へ

こんにちはOne Bridge アカデミーです。 毎年恒例ですが、今年も生徒の合格祈願のために 太宰府天満宮へ行ってきました! 行きの飛行機からの眺めです。 この日の空は厚い雲に覆われていましたが、雲を抜けたらとても綺麗でした。 写真は雲の端っこで分かりにくいですが、一面真っ白で雪景色のようでした。 窓際の席を取っていて正解でした。 ところで太宰府のお守りなどはネットで簡単に買えるようです。 知ったときは動揺しました。 ですが我々は毎年太宰府へ足を運んで合格祈願をしています。 やはり道真公に直にお願いした方がご利益がありそうな感じしませんかね? いつも1月という受験期に行きますので 日程的に日帰りだったり、一泊して次の日の午後は授業といった タイトめなスケジュールになってしまうのですが、 これから受験という大きな困難に挑戦する生徒と比較すれば簡単なことです。 さて、ご利益の程はと言うと 毎年全員が第一志望に合格!なんてことは当然ないわけでして 依然として受験は厳しいです... 冷静に考えれば祈願したところで直接点数が上がるわけないですからね。 当たり前といえば当たり前です。 神様に頼ったら受験生や講師は失格です。 ですが親御様や親しい友達、我々塾の講師などの「合格してほしい!」 という思いはきっと 本人の「期待に応えたい!」 という思いにつながって間接的に願いを叶えてるのではないかなとは思っています。 ですから受験生を応援する皆様は是非とも その思いを形にして本人に伝えてあげてくださいね。 さて、そんな太宰府合格祈願ですが 今年はもうご利益(?)がありました。 この時期で既に当

休校のご連絡

こんにちはOne Bridge アカデミーです。 本日、冬期講習の後半タームが終了しました。 お疲れさまでした。 学校が始まりますので冬休みの宿題頑張って終わらせましょう! 今日は休校のご連絡です。 明日、1月8日(水)当塾は休校日となっております。 間違って来れられないよう気をつけて下さい。 また1月9日(木)は17:00~の開校です。 普段と開校時刻が違いますのでご注意下さい。 それでは失礼します。

最新記事
カテゴリー

13:00~20:00

​[月~日]

​受付時間

048-915-7987

​お問い合わせ