• Takafumi Mita

海外ドラマの気になるセリフ①

最終更新: 6日前

こんにちはOne Bridge アカデミーです。

今日は最近見た海外ドラマからこんな英語の使い方するんだという表現を書いていこうと思います。

今日紹介する表現は海外ドラマ「ザ・クラウン」の中でエリザベス女王が言った

"The Crown has landed on my head"

「ザ・クラウン」というドラマは現行イギリス女王であるエリザベス2世の治世を描くドラマシリーズです。映像が美しいのはもちろん、女王になるのってこんなに大変なのかと思ったり、世界史で勉強した内容のイギリス視点からみた内実が描かれているため非常におもしろいです。ちなみゴールデングローブ賞やエミー賞といった賞を多数受賞しています。

今回のセリフは「私が王冠をつけることに(王に)なったのよ」という意味で使われていますが、この言葉の中に自分の気持ちとは関係なくという表現が含まれています

今回のland という動詞は自動詞として使われていると

「上陸する」「着陸する」という意味になります。このlandの中には誰かが操縦して着陸・上陸するというニュアンスが含まれています。今回の主語はCrownつまり王冠です。王冠はだれも操縦できないから、見えない力が働いて、つまり自分の思いには反して私が王冠を被ることになったという表現になります。

受験で出てくるlandを使った熟語としては

「land on one's (head等の)体の部位」「転んで体の部位(頭など)をぶつける」

「land up」たどりついてしまう(「end up」とほぼ同じ意味)

などがあります。大学受験を考えている皆さんは覚えておいて損はありません。

ちなみにこのシーンはこんな英語的なことを考えなくても、自分の思いとは関係なくという気持ちを読み取ることができます。ドラマなどでの使われ方を見ることで場面から英単語に含まれているより細かいニュアンスを受け取ることができるようになります。

最後にこんな見方をしなくても純粋におもしろいドラマなのでぜひ吹替でもいいので見てください。「ザ・クラウン」の宣伝になってしまっているようですが、本当におすすめです。「ザ・クラウン」是非ご覧ください!!

3回の閲覧
最新記事

カテゴリー

13:00~20:00

​[月~日]

​受付時間

048-915-7987

​お問い合わせ